2006/08/25

奈良井宿

Pict0514 中山道の奈良井宿へ行った。
目的は大宝寺にあるマリア地蔵。
奈良井宿は重要伝統的建造物群保存地区に選定された宿場町だ。
馬籠宿と妻籠宿はずっと前から知っていたし何度も歩いたが、奈良井宿には初めて足を停めてみた。

続きを読む "奈良井宿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリア地蔵

奈良井にはマリア地蔵があるという頭も御子も壊されたまま
                           (塔 2006年8月号)

 Pict0518 「あるという」としたのは、実際に見たのではなく、ガイドブックで見たものだからだ。
ガイドブックで歌にしてしまうのは強引あるいは安直だが、それだけインパクトのあることがらだったということでもある。ずっと気になっていたので、休暇期間中に行ってきた。
だから写真は自分で見て撮ってきた写真だ。

 このマリア地蔵は大宝寺という寺にある。大宝寺は1582年(天正10年)領主奈良井義高が創建したもので、臨済宗妙心寺派に属する。明暦年中に玉州禅師が中興し、尾張藩の福島代官山村良豊が寺門を修造し、万治元年(1658)現在の本堂を建て寺名を広伝山大宝寺と改めた。

続きを読む "マリア地蔵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/01

金田公園

  天竜の深き谷間を分け入りて夭折歌人の石碑に逢ひぬ
  秋の陽に輝く歌碑は金田千鶴の愛でし山を映して立ちぬ
  目をやれば山また山のこの鄙に君は生を得いのち終へしか

金田千鶴の歌集を買ったきっかけ。
8月26日、長野県泰阜(やすおか)村へ行きました。田中康夫長野県知事が住民登録をしたいと言って、長野市との間で裁判になっているところです。
その泰阜村、ず~~~っと前にドライブをして通過したことはあったのですが、目的地にしたのは初めてのことです。そのころは村名の読み方もわからなかった岐阜県の「フ」であるという程度の知識。
中央高速園原インターで降りて、長い道のりを走ってようやく泰阜村に着きました。「あいパークやすおか」という小高い丘の上に金田公園があります。
歌碑の写真を撮ってきました。
アルバムはここをクリック
この時期にもかかわらずワラビがたくさん採れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/04/06

吟行

このところ、短歌が作れない。
e歌会の題が「海」だったので、「海へ行ってみよう」と思い立って出かけた。
内海へ行って温泉に入ったのだ。
この温泉は海岸にあって3Fが風呂、4Fが水着で入る混浴ゾーンになっている。
1200円だがチケットの販売機にJAFのマークが付いている。
チケットを買わずにカウンターへ行きJAFの会員証を提示したら1000円になった。
JAFの会員証で割引を受けたのは初めてではなかろうか。
大きなガラスになっていて目の前が伊勢湾、その向こうに紀伊半島が見える。
内海の向かいは津のあたりだ。ちなみに常滑(新しい空港を建設中)の向かいは鈴鹿で、知多市の向かいが四日市だ。
西日を受けて山も船も黒く見える。貨物船が名古屋港方面から外洋へ向かっていく。ちょっと軍艦っぽい。

  沖合を行く貨物船の黒き影イラクへ行きし自衛隊を思ふ

正面は津方向だから鈴鹿山脈は

4Fの露天へ出た。流れるプールで何やら変わった歩き方をしている女性がいる。空は真っ青だ。
この間星を見た時にも思ったが、かなり飛行機が多い。今日はみな飛行機雲を従えている。

  どこまでもただ蒼き空に飛行機は二筋の線描いて去れり

題詠マラソンに潮騒というのもあったから、これもついでにやっておこうと思ったが潮騒のあるような状況ではない。べた凪だ。

  潮騒を聴かむと来たる内海には凪にて音の立つ波はなし

で、少し移動。岩場のあるところ野間灯台付近へ。

  一人来て小野浦で聴く潮騒に君と海岸歩きし日想ふ

e歌会のために作ったのはまだ発表しません。
でもここをe歌会参加者が読んだらどれが私のかすぐわかるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)