2005/09/09

更新が滞って

このところ、このブログの更新が滞っています。
忙しいことは忙しいのですが、
8月は塔短歌会の全国大会に行きましたので、その報告も書きたいし、
塔8月号掲載の短歌もここに書こうと思うし、
あと、題詠マラソンがストップしてしまって・・・
夏休み中に全部終わらそうと思ったのに、まるっきりやらなかった。

他人の作品を毎日せっせと書いている人もいるけどそれはしたくない。
他人の作品を読んでどう思ったかということはかけるだろうが、やはり
無断引用・転載はまずかろうと思う。
小説ならごく一部だけの引用と言うこともあるが、俳句や短歌でごく一部
仮に10%以下の引用としたなら、短歌でも2文字、俳句では1文字しか
引用できない。これでは引用になるまい。俳句や短歌では一句、一首
丸ごと引用せざるを得ない。となるといちいち許諾を得るのだろうか。
そのあたりを他の人たちはどう考えているのだろう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/07

貸金庫

着任以来、そのままになっていた貸金庫を初めて開けた。

実は貸金庫の名義がずっと前任者都田牧師になっていたので、開けることができなかったのだ。この度、銀行側の都合で、貸金庫の設備変更が行われたので従来の貸金庫は使えなくなるということで、否応なく名義を変更せざるを得なくなった。

セキュリティは従来のものよりもかなりしっかりしているらしい。貸金庫室に入るのも大変だ。出るときも・・・。手順を忘れそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/02

封書一通

封書を一通出すために京都へ行った。
大枝西新林郵便局止 K様宛。
大枝西新林というのがどこだかよくわからない。
郵便局の私書箱の場合、7桁郵便番号があれば住所の記載は不要だから。
家を出る前にパソコンの地図ソフトで検索した。
京都駅からほぼ真西の方角だ。かつて行ったことのないエリアだ。
パソコンの地図にも、カーナビの地図にもちゃんと西新林郵便局が載っていた。
最寄りの交差点名は新林センター。
公民館のような公共施設を思わせる名前だが、行ってみたらAコープを核とする商店街だった。
その中に郵便局もあった。
局の前の喫茶店でコーヒーを飲んでそれから郵便局へ。
まず窓口で80円切手を一枚買った。
その場で封筒に貼り、窓口のお姉さんに「ここ宛です」といって渡した。
お姉さんは宛先を見て「80円・・・」とつぶやいて受け取った。
宛先の家まで自分で配達してしまったら切手など不要だ。
宛先の局まで自分で配達してしまったのだから切手は不要にならないのかなぁ。
そんな感じのつぶやきだったが、そうはなるまい。
自宅ではなく郵便局内の私書箱に入るのだ。
実際には会話として交わされなかったこのやりとりはちょっとおもしろかった。

妻はコノダコーヒでコーヒーを買っていきたいという。
どこの店舗にしようかと、カーナビで検索した。
本店、三条店、四条店(B1、B2)、ポルタ店、清水店とある。
清水にした。
050301_1215001
茶わん坂に車を置いて清水寺へ。平日でもにぎわっているのはさすがだ。
下へ降りて産寧坂、ここは来るたびに写真を撮っていたところだ。
カメラを持ってこなかったのでPHSで妻の写真と私の写真と標識だけの写真を撮った。
降っていくとイノダコーヒがあった。
コーヒーを買って駐車場へ。
このごろはじっくり京都観光をすることがほとんどない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/19

金星

朝四時の東の空に金星がまだ一人だけ働いている

ほとんど徹夜をして、明け方近く眠気覚ましに外へ出た時のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/26

A-815GT

  調整を終えて戻りしアンプより技術者魂のサウンド聞こゆ

娘が生まれた頃に買ったアンプを修理に出していたが出来たので引き取りに行った。
部品がないので「修理」はできなかったが、音は出るように「調整」しておいた、ということだ。
左右のバランスが取れていなくて、バランスボリュームを多少いじらないといけないということだった。
私としては十分である。
料金を聞いたら無料だった。
言葉の端はしにもオーディオを愛する技術者の心が表れているように感じられて嬉しかった。
最近修理に出したもの・・・もうだいぶ前になるがノートパソコン、保証期間中に液晶が見えなくなったICレコーダーなどだ。
ノートパソコンは外見は古いが、内部はマザーボードも液晶も交換されて新しい(といってももう古いが)。かかった費用も新品が買えるだけの費用がかかった。
ICレコーダーに至っては型番の違うものが帰ってきた。これは保証期間中だったので無料だ。
ごっそり交換は何となく得したような気分になるが、修理という感覚ではなくなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/04/14

葉桜

  やわらかくみどりも薄き葉桜は雨に打たれて輝きを増す

夕方、雨が上がった。
家の前の桜は八重桜1本を除いてほとんど花が落ちてしまって、葉桜になっている。
桜の若葉はとてもきれいだ。
雨に濡れてさらにその美しさが増している。
桜餅を食べたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)