« 合同歌会 | トップページ | マリア地蔵 »

2006/06/12

4年前の記事へのコメント

Photo_1 連休の半ばに描きし草の名を雨降る朝の図鑑に見つく  溝川清久

前記の合同歌会の詠草だが、溝川さんは野草が好きで、この歌会にはウシハコベ、カラスノエンドウを詠んだ方がいて、「わが意を得たり」だったそうだ。
この歌は、ゴールデンウィークに名前のわからない野草のスケッチをして、後日、牧野の図鑑に発見したそうだ。牧野の図鑑を持っているというところがいかにもマニアックだ。

私はブログを始める前、ホームページに「身辺雑多」という日記のようなページを書いていた。
2002年のゴールデンウィークに、猿投グリーンロードのパーキングエリアに車を置いて、周りをちょっと歩いてみた。きれいな、小さな花を見つけた。写真は背景に測光が合ってしまって花が白く飛んでしまったが、もっとずっと濃い紫の花だ。
家に帰ってから、野草の図鑑をめくったが見つからなかった。花の名前がわからないまま、「身辺雑多 その61 名も知らぬ花」として出したのだが、今日になって、ある方がメールで教えてくださった。「マツバウンラン(松葉海蘭)」というのだそうだ。その解説が出ているウェブのURLも添えてくださった。なるほど私の写真と全く同じ花が出ていた。

それにしても、4年前に書いた記事、しかもブログに移行してしまったので、まだ残してはあるものの、見に行っても新しい記事はない「身辺雑多」の記事にコメントをしてくださったことに、驚きをもって感謝した。

|

« 合同歌会 | トップページ | マリア地蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4年前の記事へのコメント:

« 合同歌会 | トップページ | マリア地蔵 »