« 目にとまった歌 036:探偵 | トップページ | 春日井教会の就任式 »

2005/05/24

目にとまった歌 037:汗

[3267] 037:汗 尾崎弘子 2005年03月05日 (土) 20時27分
労働と汗が切り離せなかつたのは昔、でもあるまいにジム流行りに流行る

そうですね。汗を伴わない仕事が多くなっていますね。代わりにストレスが・・・。

[6682] 037:汗 浜田道子 2005年03月13日 (日) 21時11分
汗の衣を取りかふる夜半気弱なる言葉を吐ける夫を抱く

適当なコメントの言葉がありませんが、こういう正統派の短歌を見るとホッとします。(ごめんなさい)

[7530] 037:汗 白玉だんご 2005年03月17日 (木) 02時30分
 五歳と七歳の娘たち、フラワーガールとなる
布の上転ばず歩き通せるか手に汗で聞くパイプオルガン

はらはらしながら見ている様子が伝わってきます。

[13424] 037:汗 武山千鶴 2005年04月27日 (水) 10時22分
手のひらの冷たい汗を感じつつ申し開きの下書きをする

そういうときのザワザワした心中、お察し申し上げます。

[15448] 037:汗 温 2005年05月23日 (月) 01時51分
メル友のあのおじさんは先生の旦那さまだったわ(汗)。

ありがち・・・。こわいですねぇ。

|

« 目にとまった歌 036:探偵 | トップページ | 春日井教会の就任式 »

コメント

この歌を取り上げて頂いたことは私にとって一番大変な時の足跡なので本当に嬉しかったです。皆さんへのコメントも楽しく拝見しました。

投稿: 浜田道子 | 2005/06/25 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13202/4266551

この記事へのトラックバック一覧です: 目にとまった歌 037:汗:

» 引用ありがとうございます [だんごのきもち]
しばらく沈んでいた間に、拙作がいくつかのサイトに引用されました。 ご注目くださっ [続きを読む]

受信: 2005/06/04 03:43

« 目にとまった歌 036:探偵 | トップページ | 春日井教会の就任式 »