« 短歌教室2004.9.2 | トップページ | 『塔』東海歌会2004.8.8 »

2004/10/14

短歌教室2004.10.2

置き去りの水に浸かった故障車がさっきの豪雨を証ししている

推敲
水に浸き放置されたる故障車がさっきの豪雨を証ししている

9月5日(日)の午後、名古屋市瑞穂区周辺を1時間に107ミリという集中豪雨が襲った。
短時間だったので山崎川が溢れるようなことはなかったが、東海豪雨を上回る激しさだった。
そのため道路の排水が間に合わず、あちこちで冠水した。
堀田駅や新瑞橋駅では水深が腰まであったという。
うちの近所の競技場付近でも、自動車が水に浸かって動かなくなった。
家の息子のシビックも陸上競技場前でUターンしたところで浸水し、エンストした。
一昨日ようやくその修理が上がってきたところだ。

|

« 短歌教室2004.9.2 | トップページ | 『塔』東海歌会2004.8.8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短歌教室2004.10.2:

« 短歌教室2004.9.2 | トップページ | 『塔』東海歌会2004.8.8 »