2011/05/13

「塔」5月号

「塔」5月号が届いた。
なんだか久しぶりに「塔」誌を開いてみたような気がする。
最近は欠詠続きなのであまり開く気もなくなってしまう。
が、開いてずっとめくっていったら、今月号には私の作品があった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/07

開府400年記念名古屋短歌大会

名古屋能楽堂に行ってきました。

テレビなどでは何度も能を見ているけど、実際に能楽堂に入ったのは初めて。
能舞台で行われるのが、講演とパネルディスカッションというのはちょっと違うような気もするが…。
第1部が岡井隆さんの講演「今の短歌・これからの短歌」
 話は戦争当時の名古屋の話から始まった。途中寝る。意識を取り戻した時はこれからの短歌。千数百年の歌の歴史の中で磨かれてきた、歌言葉という日常の言葉とは違うものがある。これを大事にしていくという点では今の短歌もこれからの短歌も変わらないだろう、という話だったと思う。
Img_4696


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/04

三重歌会2

「小林信也さんと楽しむ三重歌会」に行ってきた。 往きは関西本線、四日市行。 四日...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/18

叔母の遺作3首

苦しみの一夜のあとにイエローの早春の花に逢いにけるかな

うつうつとまどろむ夢になつかしき青き山河の月にうかびにけり

ふるさとのきずなゆかしき親子ガメともに眠らん緑の中に

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/06

三重歌会

三重歌会に初めて参加した。
今回は小林幸子氏をお招きして、ということだったので
三重歌会のメンバーの他に、東海歌会からも5名、
他の結社からも4名ほど参加があり、全部で21名の会だった。

Img_3058

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/19

『塔』2010年1月号掲載歌

万歩計の電池を買いに走ってもこれはカウントされてはいない 東京と朝霞と名古屋それ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/14

「塔」2009年12月号掲載歌

文芸部夏合宿の乙女らの一部屋ばかりはフルーチェクラブ どこにでも当たり前に置いて...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/10

東海歌会9月

9月の東海歌会は、自由作品2首と全国大会にちなんで「会」1首だった。

 左利き専用鋏はあるけれど新聞記事の切り抜きはしない  拙作

これは、解釈を巡って議論になった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

「塔 全国大会2006 in 名古屋」の写真

全国大会のアルバムがネット上にできています。 塔会員で、全国大会に参加された方は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/25

奈良井宿

Pict0514 中山道の奈良井宿へ行った。
目的は大宝寺にあるマリア地蔵。
奈良井宿は重要伝統的建造物群保存地区に選定された宿場町だ。
馬籠宿と妻籠宿はずっと前から知っていたし何度も歩いたが、奈良井宿には初めて足を停めてみた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«マリア地蔵