心と体

2017.03.28

左目の手術

昨日2度目の入院、今日は左目の手術です。
メガネを作るのは視力が安定するまで待たなければならないということなので、運転に支障がない視力を得られるといいなぁ。

2017.03.22

右目手術後

昨日右眼の白内障の手術をした。
昨日の午後から今朝までは涙が止まらず鼻水にもなって気分が良くなかった。
今朝、眼帯を外してもらった。
今までは右目はほとんど視力がなきに等しい状態だったので、左眼よりもよく見えるのは驚きだった。
裸眼で0.4、眼鏡を作り直せば1.2になるという。
ただし、緑内障による視野狭窄は変わらないので、左の方がメインであることは変わらない。
よく見えるようになったのはいいのだが、人体と人口物の違いはいかんともしがたい。焦点距離を30センチに設定した。すると30センチよりも近くはたちまちぼやけてしまう。
人体の方が柔軟性に富むのだ。
従って遠くは近眼鏡、近くは老眼鏡のお世話になるのだろう。
あと、色の感覚が微妙に違う。白がより白く見えるように感じる。

2017.03.20

白内障の手術

白内障の手術のために今日入院した。
明日右目を手術する。
一度退院して、来週もう一度入院して左目を手術する。
前回ここに入院した時は、まだ建て替える前の古い病院だった。その時は緑内障で2週間ほど入院した。当初は約一ヶ月入院して両目を手術する予定だったが、入院しただけで眼圧が下がってしまい、悪い方の右目だけで良かろうということになり、期間も半分になった。

その後病院は建て代わり、9年前に妻が消化器外科で入院した。大きな手術をして、ちょっと長く入院した。一昨年その部分に問題が生じ、また入院したのだが、前回の手術に関わってくださった先生が担当してくださったのは幸いだった。

今回の私の手術は前回の先生とは違う先生だ。白内障の手術だが、私はずっと緑内障の患者として年4回外来で診察を受けてきた。緑内障の専門外来は月曜午後、数名の医師が担当しており、患者は順番に振り分けられていくので、日によってどの先生に診ていただくかは違う。去年の前半に緑内障の手術をしてくださった先生から「白内障の手術をしたほうがいい」と言われたがなかなか決心がつかず、今年になってようやく手術をする気になった時の外来診察を担当した先生が明日の手術を担当する。
外来の時は狭い診察室で先生は座ったまま動かない。そもそも眼科の診察室は暗くしてあり、先生と患者の間には機械があるので、あまり先生の顔をよく見たことはなかった(メガネを外すから見えない)。
今日は病棟のだだっ広い診察室で、先生は部屋の中のあっちへ行ったりこっちへ来たりしながらの診察だった。メガネをかけた状態で先生と話す時間も外来の時より長く、顔をしっかり見て話すことができた。ちょっとした違いなのかもしれないが、不安を除き信頼が強まった。

2011.06.24

歩いています

2月のある日、体重がちょっとやばいぞという状態になって始めたのがiPhoneアプリの『計るだけダイエット』
NHKの『ためしてガッテン』で放送された内容を基に作られたアプリだそうだ。
やり方は朝と夜の2回、体重を計って記録するだけ。
メモ欄もあって言い訳ができるようになっている。
コンピュータの偉いところは、入力した数値からグラフを作ってくれることだ。

続きを読む "歩いています" »

2007.12.29

妻が入院して

妻が21日、入院した。
クリスマス目前の入院で、かなり慌ただしかった。
娘が頑張っているが、昨日は風邪でかなり辛そうだった。
娘がダウンした場合、礼拝の奏楽をどうするか、考えないといけない。
司式を長老に戻して私が奏楽するか、ア・カペラにするか、いずれにせよ、ヒムプレイヤーは使いたくない。

2007.01.18

温泉シールラリー

Yuran1 大学は今、秋学期の試験期間中だ。
今回は試験ではなくレポートにしたので、今週と来週は大学に行く必要はない。
しかし、チャペルレポートを課しているので、そのレポートを受け取りに出かけた。用事はものの5分で終わったが、講師控室へも顔を出して、メールボックスをチェック。講師室担当の職員が「昨日学生が先生を捜していましたよ」という。「ああ、レポート提出遅れの学生です」と答える。
そのあと『ゆらん 岐阜・愛知・三重・奈良・福井温泉シールラリー2006-2007』に出かける。

続きを読む "温泉シールラリー" »

2006.08.08

健康器具

Rimg0002a 6月に突然、首・肩が痛くなって指がしびれてから、健康器具への関心を高めた。
人間ってどうしてこう単純なんだろう。
でもみのもんたの番組を見たいとは思わない。

続きを読む "健康器具" »

2006.08.06

万歩計

Rimg0002b_1 7月31日から8月1日、一泊で白山へ行った。
写真は MSNスペース http://agios-ki.spaces.live.com/
名古屋から4人、金沢から8人の計12人で、私の登山では最も多いグループだった。

ところで、万歩計というのは山登りでは正確に計測しないことを知った。
登った月曜日は24時間で8283歩。
下山した火曜日は25505歩。

2006.07.04

整形外科

Pict0215 名城病院の整形外科に行った。公務員共済の病院だけあって、ロケーションは抜群だ。県庁・市役所のすぐ近くで、隣は愛知県警本部だ。
ここの整形外科は全員が脊椎の専門家だ。
レントゲンを撮って診察を受ける。
頸椎の「並びが良くない」といわれた。通常は少し後ろに反っているべき頸椎がまっすぐなのだ。手のしびれが手根管症候群か頸椎から来ているものか。手根管症候群は最近注目を集めていて、PCを使う人によく現れるようだ。だがしびれの場所が違う。それに肩から指先まで、つながって痛いので違うだろう。握力等は正常だが叩いたときの反応が鈍い。MRIの予約をしておわる。

会計でものすごく待たされた。会計を済ませてから12階の食堂へ。眺めは最高だ。眼科に名古屋城天守閣が見下ろせる。しかし、城内に天守より高い建物があっていいのだろうかと思う。

2006.06.23

しびれ 一週間

Arm しびれを感じるようになって今日で一週間が経つ。
だんだんとしびれは強くなっているように感じる。左手人差し指を中心に、親指と中指も若干しびれている。薬指・小指は大丈夫だ。最近は上腕部が気になる。元々上腕部はあまり感覚が発達していないのかもしれないが、よりいっそう感覚がなくなっているように思われる。

夕べ、AHIの事務所でA3版PPC用紙1500枚入りの箱を持ち上げた。
左腕が引きつる感じだった。正確には持ち「上げる」のではなく、棚から下ろす動作だったので、時間は短くて済んだのだが、あの痛さは少々ショックだった。昨日の朝、十字式の先生から「重いものを持たないように」と言われていたのだが、重いものを持てるような状態ではない。

Kさんは「切っちゃえ」というのだが、切るまでもなく、そのうちに痛さの感覚もなくなるのではないかと思えてくる。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ