経済・政治・国際

2011.05.30

政治家は要らない

政治主導を掲げて政権交代をしたはずだ。
しかし、その政治がもたついている。
最大の原因は、民主党が自らの政権を一致して支えようとしないからだ、と私は思う。
東北出身の大物政治家が菅降ろしに熱心なようだが、地元の救済に具体策を政府に提言したという話は全く聞こえてこないのはどういうわけか。
与党にいながら復興策の提言も出来ないような議員が「実力者」であるとは奇妙な話だ。

続きを読む "政治家は要らない" »

2010.09.26

エコカー補助金

一般社団法人次世代自動車振興センターというところから親展の郵便物が届いた。

続きを読む "エコカー補助金" »

2008.10.29

当選

一昨日の夜遅く電話が鳴った。
「お祈りありがとうございました。当選しました」
という声。
市議に立候補していたお連れ合いが当選したというYさんからの電話だった。

26日はあちこちの自治体で首長選挙や議会選挙があったようだ。
Yさんの市では合併後初の選挙なので、今まで何期も当選してきたとはいえ
勝手が違う。
Yさん自身も最後の一週間は「ウグイス婆になって選挙カーで回りました」
とのこと。「でも楽しかったです」とおっしゃっていた。

合併によって不便になったという声をよく聞く。
自治体も規模が大きくなると、住民からの距離が遠くなるだろう。
住民に密着した行政が行われるようにチェックする。
そんな働きがYさんには求められているのだろうと思う。

2006.04.19

国会中継

車で走りながら国会中継を聞いていた。
民主党の若手が質問に立っていたが、早口でしゃべっている割に情報は少ない。無駄な言葉が多いのだ。早口でしゃべるものだから、言い間違えて言い直しも多い。
言葉数を減らして言いたいことを明確にする必要がある。
次に質問に立ったのが渡部恒三国対委員長。かつては自民党の国対委員長で副が小泉さんだった。
東北弁丸出しでトツトツとしたしゃべり方は、佐々木更三氏を思い出す。前の若手と比べると、たぶん時間あたりの単語数は3分の1ぐらいだろうが、情報量は変わらないだろう。そして、ユーモアたっぷりだ。
「小泉首相になってから自殺が増えたという質問が出たとき、あなたは自分が首相になってから交通事故死亡者は減ったと自慢したが、あれは私が国家公安委員長のときに反対を押し切って交通規制を強めた効果が出たものだ。だからあれは私の仕事だ。」
こういって笑わせておいて、規制緩和・自由化が全てではなく、弱者を守ることが国の仕事だということを訴えた。
小泉首相は渡部氏の地元会津を持ち上げて矛先をかわすばかりだった。
その次は共産党の佐々木憲昭氏。国会質問としては今日聞いた3人の中では佐々木氏のがいちばんしっかりした質問だった。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ