« 2017年2月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年3月

2017.03.31

山崎川の桜はまだ…

170330_103630

続きを読む "山崎川の桜はまだ…" »

2017.03.28

左目の手術

昨日2度目の入院、今日は左目の手術です。
メガネを作るのは視力が安定するまで待たなければならないということなので、運転に支障がない視力を得られるといいなぁ。

2017.03.22

右目手術後

昨日右眼の白内障の手術をした。
昨日の午後から今朝までは涙が止まらず鼻水にもなって気分が良くなかった。
今朝、眼帯を外してもらった。
今までは右目はほとんど視力がなきに等しい状態だったので、左眼よりもよく見えるのは驚きだった。
裸眼で0.4、眼鏡を作り直せば1.2になるという。
ただし、緑内障による視野狭窄は変わらないので、左の方がメインであることは変わらない。
よく見えるようになったのはいいのだが、人体と人口物の違いはいかんともしがたい。焦点距離を30センチに設定した。すると30センチよりも近くはたちまちぼやけてしまう。
人体の方が柔軟性に富むのだ。
従って遠くは近眼鏡、近くは老眼鏡のお世話になるのだろう。
あと、色の感覚が微妙に違う。白がより白く見えるように感じる。

2017.03.20

白内障の手術

白内障の手術のために今日入院した。
明日右目を手術する。
一度退院して、来週もう一度入院して左目を手術する。
前回ここに入院した時は、まだ建て替える前の古い病院だった。その時は緑内障で2週間ほど入院した。当初は約一ヶ月入院して両目を手術する予定だったが、入院しただけで眼圧が下がってしまい、悪い方の右目だけで良かろうということになり、期間も半分になった。

その後病院は建て代わり、9年前に妻が消化器外科で入院した。大きな手術をして、ちょっと長く入院した。一昨年その部分に問題が生じ、また入院したのだが、前回の手術に関わってくださった先生が担当してくださったのは幸いだった。

今回の私の手術は前回の先生とは違う先生だ。白内障の手術だが、私はずっと緑内障の患者として年4回外来で診察を受けてきた。緑内障の専門外来は月曜午後、数名の医師が担当しており、患者は順番に振り分けられていくので、日によってどの先生に診ていただくかは違う。去年の前半に緑内障の手術をしてくださった先生から「白内障の手術をしたほうがいい」と言われたがなかなか決心がつかず、今年になってようやく手術をする気になった時の外来診察を担当した先生が明日の手術を担当する。
外来の時は狭い診察室で先生は座ったまま動かない。そもそも眼科の診察室は暗くしてあり、先生と患者の間には機械があるので、あまり先生の顔をよく見たことはなかった(メガネを外すから見えない)。
今日は病棟のだだっ広い診察室で、先生は部屋の中のあっちへ行ったりこっちへ来たりしながらの診察だった。メガネをかけた状態で先生と話す時間も外来の時より長く、顔をしっかり見て話すことができた。ちょっとした違いなのかもしれないが、不安を除き信頼が強まった。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ