« 2017/03/30ヤコブの手紙1:19~24 | トップページ | 2017/4/2マタイ20:20-28 »

2017/3/31ヤコブの手紙2:1~13

2:1 わたしの兄弟たち、栄光に満ちた、わたしたちの主イエス・キリストを信じながら、人を分け隔てしてはなりません。
2:2 あなたがたの集まりに、金の指輪をはめた立派な身なりの人が入って来、また、汚らしい服装の貧しい人も入って来るとします。
2:3 その立派な身なりの人に特別に目を留めて、「あなたは、こちらの席にお掛けください」と言い、貧しい人には、「あなたは、そこに立っているか、わたしの足もとに座るかしていなさい」と言うなら、
2:4 あなたがたは、自分たちの中で差別をし、誤った考えに基づいて判断を下したことになるのではありませんか。
2:5 わたしの愛する兄弟たち、よく聞きなさい。神は世の貧しい人たちをあえて選んで、信仰に富ませ、御自身を愛する者に約束された国を、受け継ぐ者となさったではありませんか。
2:6 だが、あなたがたは、貧しい人を辱めた。富んでいる者たちこそ、あなたがたをひどい目に遭わせ、裁判所へ引っ張って行くではありませんか。
2:7 また彼らこそ、あなたがたに与えられたあの尊い名を、冒涜しているではないですか。
2:8 もしあなたがたが、聖書に従って、「隣人を自分のように愛しなさい」という最も尊い律法を実行しているのなら、それは結構なことです。
2:9 しかし、人を分け隔てするなら、あなたがたは罪を犯すことになり、律法によって違犯者と断定されます。
2:10 律法全体を守ったとしても、一つの点でおちどがあるなら、すべての点について有罪となるからです。
2:11 「姦淫するな」と言われた方は、「殺すな」とも言われました。そこで、たとえ姦淫はしなくても、人殺しをすれば、あなたは律法の違犯者になるのです。
2:12 自由をもたらす律法によっていずれは裁かれる者として、語り、またふるまいなさい。
2:13 人に憐れみをかけない者には、憐れみのない裁きが下されます。憐れみは裁きに打ち勝つのです。

 「神は世の貧しい人たちをあえて選んで、信仰に富ませ、御自身を愛する者に約束された国を、受け継ぐ者となさった」
「富んでいる者たちこそ、あなたがたをひどい目に遭わせ、裁判所へ引っ張って行く」
「彼ら(富んでいる者たち)こそ、あなたがたに与えられたあの尊い名を、冒涜している」
もちろん、これは紀元前1世紀から紀元4世紀の異教の国ローマの時代のことだ。皇帝がキリストを信じ、国家を挙げてキリスト教を護る時代になると様相は変わってくるが、それはまたそれで教会と国家権力の癒着という堕落をもたらす。そうしていつの時代でも、富んでいる者が貧しい者を虐げる。貧しい者を助ける「善き行い」も上から目線で行われる。
おそらく、憐れみは上から目線で行うものではない。相手と同じ高さに立つことだ。
 

|

« 2017/03/30ヤコブの手紙1:19~24 | トップページ | 2017/4/2マタイ20:20-28 »

「聖書日課」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13202/65088451

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/3/31ヤコブの手紙2:1~13:

« 2017/03/30ヤコブの手紙1:19~24 | トップページ | 2017/4/2マタイ20:20-28 »