« 2014年4月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年3月1日悪霊が戻ってくる

「(汚れた霊は…)出かけて行き、自分よりも悪いほかの七つの霊を連れて来て、中に入り込んで、住み着く。そうなると、その人の後の状態は前よりも悪くなる。」(ルカ11:26)

続きを読む "2015年3月1日悪霊が戻ってくる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日「誘惑に勝つには」

イエスは、「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」とお答えになった。

(ルカ 4:4 )

続きを読む "2015年2月22日「誘惑に勝つには」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日「食べ物を与えなさい」

【今週のみ言葉】
「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい。」
「わたしたちにはパン五つと魚二匹しかありません。」(ルカ9:13)

続きを読む "2015年2月15日「食べ物を与えなさい」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/2/14サムエル上15:12-23

朝早く、サムエルが起きて、サウルに会おうとすると、「サウルはカルメルに行って自分のために戦勝碑を建て、そこからギルガルに向かって下った」との知らせが届いた。

戦勝記念碑を建てて自分の力を誇示する行為は、どの権力者も行っている当たり前の行為だ。しかしイスラエルは神が支配される国であって、だからサムエルは王を立てることに難色を示したわけだが、果たしてその懸念は現実のものとなった。サウルは神の命令をそのまま受けとるのではなく、自分の価値観を優先し、その中で神の命令を解釈した。
そして、自分は神に忠実に行動していると思っている。
これはなかなか難しい問題だと思う。


続きを読む "2015/2/14サムエル上15:12-23"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/2/8 ルカ5章12~26節

        【今週のみ言葉】
イエスが手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、たちまち重い皮膚病は去った。(ルカ5:13)

続きを読む "2015/2/8 ルカ5章12~26節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/2/1 ルカ8章4~15節

        【今週のみ言葉】
イエスは言われた。「あなたがたには神の国の秘密を悟ることが許されているが、他の人々にはたとえを用いて話すのだ。それは、『彼らが見ても見えず、/聞いても理解できない』/ようになるためである。」 (ルカ8:10)

続きを読む "2015/2/1 ルカ8章4~15節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/1/25 ルカ4章16~30節

【今週のみ言葉】
「これを聞いた会堂内の人々は皆憤慨し、総立ちになって、イエスを町の外へ追い出し、町が立っている山の崖まで連れて行き、突き落とそうとした。」(ルカ4:28-29)

続きを読む "2015/1/25 ルカ4章16~30節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/1/18 ルカ福音書5章1~11節

        【今週のみ言葉】
「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」 (ルカによる福音書5:8)
          【命の言葉】
 「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」とイエスさまはシモン・ペトロに言われました。ペトロたちは漁師です。イエスさまは大工でした。永年の経験のある漁師が最もよく獲れる時間帯、場所で漁をしたけれども何も獲れなかったのに漁のことなどほとんど知らない大工上がりの若いラビが何を言うのか?と思ったかもしれません。しかし「お言葉ですから…」と網を降ろしてみると大漁になりました。これを見てペトロが言ったのが上に掲げた言葉です。
 旧約では神さまの聖性は恐ろしいものです。神の聖性に触れた者は生きていることができません。純金で覆われた神の箱に触った者は直ちに打たれて死にました(サム下6:7)。
イザヤはセラフィムが飛び交い神を賛美するのを見て「わたしは滅ぼされる」と言いました。
ペトロも大漁をもたらした主に、神々しさと恐ろしさを感じて「離れてください」と言ったのでしょう。
 キリストはそのような罪深い者に「今から後、あなたは人間をとる漁師になる」と語りかけ、彼を弟子となさいます。清らかな人、優秀な人、包容力のある人だから…弟子になれるのではありません。ただキリストが目を留め呼びかけてくださったということにかかっています。弟子になったのは呼びかけを受け、すべてを捨ててイエスさまに従った者のみです。
 「沖へ漕ぎ出しなさい」。お前は自分の足が届く浅瀬でしか漁をしていないのではないか?私はそう問われているように感じます。
恐れず大胆に主に従って沖に漕ぎ出すとき、神さまの力が働くのを見ることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/1/11 ルカ福音書3章15~22節

【今週のみ言葉】
「わたしはあなたたちに水で洗礼を授けるが、わたしよりも優れた方が来られる。わたしは、その方の履物のひもを解く値打ちもない。その方は、聖霊と火であなたたちに洗礼をお授けになる。」   (ルカによる福音書3:16)

続きを読む "2015/1/11 ルカ福音書3章15~22節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/1/4

        【今週のみ言葉】
「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり
この僕を安らかに去らせてくださいます。
わたしはこの目であなたの救いを見たからです。」     (ルカによる福音書2:29,30)
          【命の言葉】
 イエスさまは生後8日目にレビ記12:3の規定に従って割礼を受け、「イエス」という名が付けられました。そしてマリアの清めの期間33日が経過して後、神殿で献げ物をしマリアの贖いの式をしました。この時二人の老人が彼らに目を留め、声をかけます。
 シメオン老人の言葉は、「わたしは神さまの救いを見たからもう死んでもいい」ということです。もう一人84歳のアンナも「エルサレムの救いを待ち望んでいる人々皆に幼子のことを話した」とありますから、彼女も生後1ヶ月のこの赤ん坊が救い主だと確信したのです。
 この二人の老人の言動からわかることは…
①ユダヤの人々はとても強く救いを待ち望んでいた。当時ユダヤはローマの属国で一応「国」ではありましたが、その王はユダヤ人(バビロン捕囚まではダビデの子孫が王位にあった)ではなくローマ皇帝から金でユダヤ王位を買ったイドマヤ人ヘロデでした。人々はダビデ家による支配を回復したかったのです。
②しかし、シメオンは「この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています」と言います。イスラエル人を喜ばせるのでなく、むしろ反対を受けると言います。彼の目にはイザヤ書後半の苦難の僕の姿が、この赤ちゃんから見えていたのです。 「救いを見た」とは、自己を犠牲として献げる神の独り子を見たことです。
あなたならどうしますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/28 イザヤ書61章1~11節

        【今週のみ言葉】
わたしは主にあって喜び楽しみ
わたしの魂はわたしの神にあって喜び躍る。
                        イザヤ書61:10a
          【命の言葉】
 ある年のクリスマスシーズンのこと、パソコン通信のキリスト教フォーラムで、責任者がフォーラムのトップ画面にリースの画像を表示していましたが、12月27日頃一人の会員から「もうクリスマスは終わったのに、なぜまだリースの画像を出しているのですか?」という質問がありました。彼は、クリスマスは12月25日で終わりと思っていたのでしょう。そう思っている人は彼だけでないようです。
 クリスマスは12月25日から始まり、十二夜を含んで1月6日のエピファニーで終わります。飾りもこの時に外すとされています。エピファニーは日本ではあまり祝われていませんが、ギリシャ語のエピファネイア(顕れ)が語源で公現日とか顕現日と呼ばれます。神の独り子が人の姿を取ってこの世に現れたことを(誕生から洗礼までを含め)お祝いする東方教会の祭りで、クリスマスよりも古く、2世紀から祝われていたようです。4世紀に西方教会に伝わり、12月25日の降誕日とつなげて、この期間をクリスマスとして祝うようになっています。
 バッハの「クリスマス・オラトリオ」は6部から成っていますが、12月25-27日、1月1日、2日(日曜)、6日にわけて演奏されました。
 1月1日は12月25日から1週間、幼子が割礼を受ける日で、この日にイエスという名前が付けられました。それ故「主の命名日」として祝われます。
 年末でもあり、クリスマスをあわただしくお祝いをして終わっていませんか?日数をかけて主のご降誕の恵みをじっくりと味わいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/21 ミカ書5章1~3節

        【今週のみ言葉】
エフラタのベツレヘムよ
お前はユダの氏族の中でいと小さき者。
お前の中から、わたしのために
イスラエルを治める者が出る。
彼の出生は古く、永遠の昔にさかのぼる。
                              ミカ書5:1
          【命の言葉】
 ベツレヘムは決して大きな町ではありません。しかし、ダビデの出身地です。そのダビデはまだ少年の時にサムエルから油を注がれました。決して「大いなる者」「立派な人物」だから選ばれるわけではありません。神さまの一方的な恵みによって選ばれます。私たちに求められるのは神さまの召しに対する応答です。
 イエスさまは「小さな者のひとり」を大切にし、弟子たちも同じようにすることを求められました。そのことを示すためにイエスさま自身の生まれもそのようでした。貧しい夫婦の旅先の小さな町の家畜小屋に産声を上げられました。小さな者としての生まれではありましたが、永遠のお方です。この方に繋がる人は永遠の命にも繋がることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/14 ゼファニヤ3章14~18節

【今週のみ言葉】
わたしは
祭りを祝えず苦しめられていた者を集める。
彼らはお前から遠く離れ
お前の重い恥となっていた。……
彼らが恥を受けていたすべての国で
彼らに誉れを与え、その名をあげさせる。
                  ゼファニヤ書3:18~19

続きを読む "2014/12/14 ゼファニヤ3章14~18節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/7 イザヤ書55章1~11節

        【今週のみ言葉】
雨も雪も、ひとたび天から降れば
むなしく天に戻ることはない。
それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ
種蒔く人には種を与え
食べる人には糧を与える。
そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も
むなしくは、わたしのもとに戻らない。
それはわたしの望むことを成し遂げ
わたしが与えた使命を必ず果たす。

続きを読む "2014/12/7 イザヤ書55章1~11節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/30 エレミヤ書33章14-16節

        【今週のみ言葉】
その日、その時、わたしはダビデのために正義の若枝を生え出でさせる。彼は公平と正義をもってこの国を治める。 (エレミヤ書33:15)

続きを読む "2014/11/30 エレミヤ書33章14-16節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/23 サムエル記下5章1~5節

【今週のみ言葉】
イスラエルの長老たちは全員、ヘブロンの王のもとに来た。ダビデ王はヘブロンで主の御前に彼らと契約を結んだ。長老たちはダビデに油を注ぎ、イスラエルの王とした。
                      (サムエル記下5:3)

続きを読む "2014/11/23 サムエル記下5章1~5節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/16 出エジプト記3:1~15

【今週のみ言葉】
今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ。(出エジプト記3:10)

続きを読む "2014/11/16 出エジプト記3:1~15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/9 ヘブライ11:1~16

【 今週のみ言葉】
彼らは更にまさった故郷、すなわち天の故郷を熱望していたのです。だから、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいません。神は、彼らのために都を準備されていたからです。          (ヘブライ人への手紙11:16)

続きを読む "2014/11/9 ヘブライ11:1~16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/2 創世記9:8~17

【 今週のみ言葉】
見よ、鳩はくちばしにオリーブの葉をくわえていた。ノアは水が地上からひいたことを知った。          (創世記8:11)

続きを読む "2014/11/2 創世記9:8~17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/26

【 今週のみ言葉】
主を畏れ敬うこと、それが知恵
悪を遠ざけること、それが分別。
            (ヨブ28:28)

続きを読む "2014/10/26 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/19 黙示録7:2~4、9~12

【 今週のみ言葉】
「救いは、玉座に座っておられるわたしたちの神と、小羊とのものである。」
(黙示録7:10)

続きを読む "2014/10/19 黙示録7:2~4、9~12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/12 マルコ14: 26~42

【 今週のみ言葉】
「誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い。」
(マルコ14:38)
「あなたがたはまだ眠っている。休んでいる。もうこれでいい。時が来た。」(14:41)

続きを読む "2014/10/12 マルコ14: 26~42"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/5 マルコ14: 10~25

【 今週のみ言葉】
イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えて言われた。「取りなさい。これはわたしの体である。」
(マルコ14:22)

続きを読む "2014/10/5 マルコ14: 10~25"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/9/28 マルコ14:1~9

【今週のみ言葉】
「はっきり言っておく。世界中どこでも、福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう。」
(マルコ14:9)

続きを読む "2014/9/28 マルコ14:1~9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/9/21

【今週のみ言葉】
「はっきり言っておく。この貧しいやもめは、賽銭箱に入れている人の中で、だれよりもたくさん入れた…乏しい中から自分の持っている物をすべて、生活費を全部入れたからである。」(マルコ12:43~44)

続きを読む "2014/9/21 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/9/14 マルコ12:28~34

【今週のみ言葉】
『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。
(マルコ12:33)

続きを読む "2014/9/14 マルコ12:28~34"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/9/7 使徒13:44~52

【 今週のみ言葉】
わたしは、あなたを異邦人の光と定めた、あなたが、地の果てにまでも救いをもたらすために。(使徒13:47、イザヤ49:6より)

続きを読む "2014/9/7 使徒13:44~52"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/8/31 エフェソ4:17~32

【 今週のみ言葉】
神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、聖霊により、贖いの日に対して保証されているのです。   (エフェソ4:30)

続きを読む "2014/8/31 エフェソ4:17~32"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/8/24 エフェソ5:21~6:4

【 今週のみ言葉】
キリストに対する畏れをもって、互いに仕え合いなさい。(エフェソ5:21)

続きを読む "2014/8/24 エフェソ5:21~6:4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/8/17 申命記10:12~11:1

【 今週のみ言葉】
心の包皮を切り捨てよ。二度とかたくなになってはならない。(申命記10:16)

続きを読む "2014/8/17 申命記10:12~11:1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/8/10 ルカ5:1~11

【 今週のみ言葉 】
シモンは、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と答えた。       (ルカ5:5)

続きを読む "2014/8/10 ルカ5:1~11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/8/3 マルコ9:14~29

【今週の御言葉】
その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」(マルコ9:24)

続きを読む "2014/8/3 マルコ9:14~29"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/7/27 Ⅰテモテ3:14~16

【 今週のみ言葉 】
信心の秘められた真理は確かに偉大です。すなわち、/キリストは肉において現れ、/“霊”において義とされ、/天使たちに見られ、/異邦人の間で宣べ伝えられ、/世界中で信じられ、/栄光のうちに上げられた。
(Ⅰテモテ3:16)

続きを読む "2014/7/27 Ⅰテモテ3:14~16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/7/20 ガラテヤ5:2~11

【今週のみ言葉】
ここで、わたしパウロはあなたがたに断言します。もし割礼を受けるなら、あなたがたにとってキリストは何の役にも立たない方になります。割礼を受ける人すべてに、もう一度はっきり言います。そういう人は律法全体を行う義務があるのです。(ガラテヤ5:2~3)

続きを読む "2014/7/20 ガラテヤ5:2~11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

014/7/13 エステル4:14

【今週のみ言葉】
この時のためにこそ、あなたは王妃の位にまで達したのではないか。(エステル4:14)

続きを読む "014/7/13 エステル4:14"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/7/6 マルコ6:1~13

【今週のみ言葉】
彼らが主を礼拝し、断食していると、聖霊が告げた。「さあ、バルナバとサウロをわたしのために選び出しなさい。わたしが前もって二人に決めておいた仕事に当たらせるために。」そこで、彼らは断食して祈り、二人の上に手を置いて出発させた。(使徒言行録13:2~3)

続きを読む "2014/7/6 マルコ6:1~13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/6/29 使徒16:16~24

【今週のみ言葉】
パウロはたまりかねて振り向き、(占い)の霊に言った。「イエス・キリストの名によって命じる。この女から出て行け。」すると即座に、霊が彼女から出て行った。(使徒16:18)

続きを読む "2014/6/29 使徒16:16~24"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/6/22 使徒4:13~31

【今週のみ言葉】
「わたしたちは、見たことや聞いたことを話さないではいられないのです。」使徒4:20

続きを読む "2014/6/22 使徒4:13~31"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/6/15 ローマ8:12~17

【今週のみ言葉】
神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。(ローマ8:14)

続きを読む "2014/6/15 ローマ8:12~17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/6/8 使徒2:1~11

【今週のみ言葉】
「一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。」
(使徒2:4 )

続きを読む "2014/6/8 使徒2:1~11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/6/1 ヨハネ17:1~13

【今週のみ言葉】

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。」

(ヨハネ17:3

続きを読む "2014/6/1 ヨハネ17:1~13"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/5/25 ヨハネ16:12~24

【今週のみ言葉】

今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。

(ヨハネ16:22)

続きを読む "2014/5/25 ヨハネ16:12~24"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/5/18 ヨハネ15:1~11

【今週の聖句】
人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。

続きを読む "2014/5/18 ヨハネ15:1~11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/5/11 ヨハネ13:31~35

【今週のみ言葉】
あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。 (ヨハネ13:34)

続きを読む "2014/5/11 ヨハネ13:31~35"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/5/4 ヨハネ10:7~18

【今週の聖句】
「わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。」   (ヨハネ10:16)

続きを読む "2014/5/4 ヨハネ10:7~18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/4/27 ヨハネ20:19~31

「遣わされる者の力」
今日の個所は「平和」が3回出てきます。ヘブライ語でシャロームです。「こんばんは」という挨拶ですが、「平和」と訳しているのは彼らが平和を必要としていたからです。

続きを読む "2014/4/27 ヨハネ20:19~31"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/4/20 ヨハネ20:1~18

「なぜ泣いているのか」
マグダラのマリアは日曜の早朝、封印されていた墓石が取りのけられているのを見つけ、驚き恐れペトロと(多分)ヨハネに報告した。二人は走って墓へ向かった。彼女も続いた。

続きを読む "2014/4/20 ヨハネ20:1~18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/4/13 マルコ14:32~42

心は燃えても体は弱い

 「春眠暁を覚えず」といいます。私はかつて片道40数㎞ の距離を車で通勤していました。この季節、帰りは途中で眠くなり喫茶店で一休みしていました。今は半年牧師の職を離れていたこともあって、毎日家に帰ると早く寝てしまいます。この原稿も金曜日に「原稿お願いします」と言われて机に向かったものの睡魔に勝てず、土曜の朝書きました。

続きを読む "2014/4/13 マルコ14:32~42"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/4/6 ローマ5:1~11

神の栄光に与る希望
この希望を私たちは持っている。これは誇りだ。この希望はどのようにして得られたか。イエス・キリストへの信仰→義認→神との平和→今の恵み→神の栄光に与る希望。苦難も誇りだ。苦難→忍耐→練達→希望。苦難も神の栄光に与る希望を生み出す。

続きを読む "2014/4/6 ローマ5:1~11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2015年3月 »