2017/4/2マタイ20:20-28

2017年4月2日 四旬節第5主日
朗読 マタイ20章20~28節
説教 「イエスの杯」

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/3/31ヤコブの手紙2:1~13

2:1 わたしの兄弟たち、栄光に満ちた、わたしたちの主イエス・キリストを信じながら、人を分け隔てしてはなりません。
2:2 あなたがたの集まりに、金の指輪をはめた立派な身なりの人が入って来、また、汚らしい服装の貧しい人も入って来るとします。
2:3 その立派な身なりの人に特別に目を留めて、「あなたは、こちらの席にお掛けください」と言い、貧しい人には、「あなたは、そこに立っているか、わたしの足もとに座るかしていなさい」と言うなら、
2:4 あなたがたは、自分たちの中で差別をし、誤った考えに基づいて判断を下したことになるのではありませんか。
2:5 わたしの愛する兄弟たち、よく聞きなさい。神は世の貧しい人たちをあえて選んで、信仰に富ませ、御自身を愛する者に約束された国を、受け継ぐ者となさったではありませんか。
2:6 だが、あなたがたは、貧しい人を辱めた。富んでいる者たちこそ、あなたがたをひどい目に遭わせ、裁判所へ引っ張って行くではありませんか。
2:7 また彼らこそ、あなたがたに与えられたあの尊い名を、冒涜しているではないですか。
2:8 もしあなたがたが、聖書に従って、「隣人を自分のように愛しなさい」という最も尊い律法を実行しているのなら、それは結構なことです。
2:9 しかし、人を分け隔てするなら、あなたがたは罪を犯すことになり、律法によって違犯者と断定されます。
2:10 律法全体を守ったとしても、一つの点でおちどがあるなら、すべての点について有罪となるからです。
2:11 「姦淫するな」と言われた方は、「殺すな」とも言われました。そこで、たとえ姦淫はしなくても、人殺しをすれば、あなたは律法の違犯者になるのです。
2:12 自由をもたらす律法によっていずれは裁かれる者として、語り、またふるまいなさい。
2:13 人に憐れみをかけない者には、憐れみのない裁きが下されます。憐れみは裁きに打ち勝つのです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/30ヤコブの手紙1:19~24

1:19 わたしの愛する兄弟たち、よくわきまえていなさい。だれでも、聞くのに早く、話すのに遅く、また怒るのに遅いようにしなさい。
1:20 人の怒りは神の義を実現しないからです。
1:21 だから、あらゆる汚れやあふれるほどの悪を素直に捨て去り、心に植え付けられた御言葉を受け入れなさい。この御言葉は、あなたがたの魂を救うことができます。
1:22 御言葉を行う人になりなさい。自分を欺いて、聞くだけで終わる者になってはいけません。
1:23 御言葉を聞くだけで行わない者がいれば、その人は生まれつきの顔を鏡に映して眺める人に似ています。
1:24 鏡に映った自分の姿を眺めても、立ち去ると、それがどのようであったか、すぐに忘れてしまいます。
1:25 しかし、自由をもたらす完全な律法を一心に見つめ、これを守る人は、聞いて忘れてしまう人ではなく、行う人です。このような人は、その行いによって幸せになります。
1:26 自分は信心深い者だと思っても、舌を制することができず、自分の心を欺くならば、そのような人の信心は無意味です。
1:27 みなしごや、やもめが困っているときに世話をし、世の汚れに染まらないように自分を守ること、これこそ父である神の御前に清く汚れのない信心です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/3/29ヤコブの手紙1:1〜11

2 わたしの兄弟たち、いろいろな試練に出会うときは、この上ない喜びと思いなさい。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/3/28副日課 サムエル記下17:1〜14

14 アブサロムも、どのイスラエル人も、アルキ人フシャイの提案がアヒトフェルの提...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日コロサイの信徒への手紙4:7〜18

7 わたしの様子については、ティキコがすべてを話すことでしょう。彼は主に結ばれた...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/3/23 コロサイの信徒への手紙1:24〜2:5

コロサイの信徒への手紙1:24〜2:5 1章24 今やわたしは、あなたがたのため...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/3/22 コロサイの信徒への手紙1章1〜23節

- 挨拶 1 神の御心によってキリスト・イエスの使徒とされたパウロと兄弟テモテか...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月1日

前奏
招詞  マルコ1章15節
賛美  小羊をばほめたたうる(讃美歌164)
祈祷
交読 詩編51篇3~11節
賛美 昔主イェスの(讃美歌234A)
朗読 ローマ7章7~13節
牧会祈祷
説教  「掟が死に導く」
賛美 ふかきみむねを(讃美歌507)
信仰告白 使徒信条
主の晩餐
 献金 互いに愛し合い(教会福音讃美歌362)
 主の食卓への招き
 感謝
 聖別祷、
 制定語
 主の祈り
 配餐
 感謝
 賛美 まごころもて(教会福音讃美歌260)
頌栄  みめぐみあふるる(讃美歌540)
祝祷
後奏


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日ローマ2:1~16

ローマの信徒への手紙2:1~16
2:6 神はおのおのの行いに従ってお報いになります。
2:7 すなわち、忍耐強く善を行い、栄光と誉れと不滅のものを求める者には、永遠の命をお与えになり、
2:8 反抗心にかられ、真理ではなく不義に従う者には、怒りと憤りをお示しになります。
2:9 すべて悪を行う者には、ユダヤ人はもとよりギリシア人にも、苦しみと悩みが下り、
2:10 すべて善を行う者には、ユダヤ人はもとよりギリシア人にも、栄光と誉れと平和が与えられます。
2:11 神は人を分け隔てなさいません。
2:12 律法を知らないで罪を犯した者は皆、この律法と関係なく滅び、また、律法の下にあって罪を犯した者は皆、律法によって裁かれます。
2:13 律法を聞く者が神の前で正しいのではなく、これを実行する者が、義とされるからです。
2:14 たとえ律法を持たない異邦人も、律法の命じるところを自然に行えば、律法を持たなくとも、自分自身が律法なのです。
2:15 こういう人々は、律法の要求する事柄がその心に記されていることを示しています。彼らの良心もこれを証ししており、また心の思いも、互いに責めたり弁明し合って、同じことを示しています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2015年8月2日「善をもって悪に勝つ」